FC2ブログ

記事一覧

第一食目【けいおんとアニ飯!】


20180620174913756.png

「け、けど・・・アニメキャラと協力して料理って一体どうやって・・・」

(´・ω・)「そのまんまの意味さ。その為にもまずはワープゲートを用意しなくちゃね・・・フッ!!」

\パアァァァァァアッ/


【ワープゲート~入場料百円~】

(´・ω・)「さあ、出来たよ」


20180620174913756.png

(ええっ・・・)

(´・ω・)「それじゃあ、早速通っていくよ!ちなみにどのアニメの世界に転送されるかはランダムだから、その点については勘弁してね!二百円を入れて・・・っと」

20180628094844d10.png

「ちょ、ちょっと待ってよ!私、まだ何の用意も出来てな――」

(´・ω・)「必要なのは勇気とやる気!それにもうお金入れちゃったから、キャンセル出来ないよ!」

(´^ω^)「さぁ・・・レッツゴー!!」



20180620174913756.png

「レッツゴー!!って・・・ひやあぁぁぁぁぁぁ!!!」

\シュウゥゥゥゥゥン・・・!/


【桜が丘高校】

気がつくと私は、とある学校の部室前に寝転がっていました。

201806201753320c9.png

「いたたた・・・」

キョロキョロと辺りを見渡すと部室前の階段には亀とうさぎのような置物が。

(´・ω・)「どうやらここはけいおんの世界みたいだね」

冷静にそう話すゲンチャン。私もゲンチャン同様その場から立ち上がり、再び辺りをキョロキョロと見渡します。

20180628094538bbe.png

「けいおんの世界って・・・本当にアニメの世界に入っちゃったんだ」

初めは冗談だと思っていたけど、確かに私が今居るこの場所はけいおんの部室前。

けど、これからどうすればいいんだろう。

とりあえず、部室の皆を探すために階段を降りようとすると――



20180628095700fc7.png

「あっ」




15313643520.jpeg

「あっ」

唯ちゃんだ。

(´・ω・)「あっ、どうやら早速けいおんのキャラに出会えたみたいだね」

ゲンチャンは少しの驚いた様子もなくフムフムと頷いている様子。

唯ちゃんも流石コミュ力お化け。臆することなく私に話しかけてきます。


15313643520.jpeg

「あれ?あれ?もしかして入部希望者かな?」

不思議そうに小首を傾げ、私の目の前にズイッと近寄ってくる唯ちゃん。

201806281557045de.png

「え、えっと・・・私は・・・」

緊張のあまりどうにもたじろう私。

すると、私の肩に乗ったゲンチャンがフラフラと唯ちゃんに手を降ると。

(´・ω・)ノ「やぁ、始めまして。唯。僕の名前はゲンチャン。で、こっちの女の子が柊メイっていうんだ」


15313643520.jpeg

「へー、メイちゃんとゲンチャンかぁ。始めまして!私の名前は平沢唯だよ!好きなものはギターとお菓子!あと、特技はすぐ寝れることでーす!」

(´・ω・)「うんうん。よろしくね。それで早速で悪いんだけどさぁ。この子に料理を教えてほしいんだ。実はかくかくしかじかでさー」


15313643520.jpeg

「――なるほど。それでメイちゃんは料理が出来るようにならなくちゃいけないんだね。私も料理苦手だから、分かるなぁー・・・」

うんうん。と独りでにうなづく唯ちゃん。

201806281609202f2.png


私はどうにも恥ずかしくなり、ううっと赤面になります。

15313643520.jpeg

「けど、私は別に料理得意じゃないしなー・・・梓ちゃんも一応あとで来ることになってるから、手伝ってもらえるか聞いてみるけど」


15313643690.jpeg

「何してるんですか、先輩」

(´・ω・)「すごいタイミングよく来たね」

15313643520.jpeg

「あ、梓ちゃん。ちょうどいいところに。実はかくかくしかじかでー」

15313643690.jpeg

「――なるほど。けど、私も生憎のところあまり料理は得意ではなくて・・・」

15313643520.jpeg


「だよねー」

20180620174913756.png

「あ、あの・・・もし無理だったなら全然大丈夫ですよ。なんかご迷惑かけてるみたいですし・・・」

15313644260.jpeg

「――話しは聞かせてもらったわ!」

15313643520.jpeg


15313643690.jpeg

「むぎちゃん!」「むぎ先輩」

突如私達の前に現れたむぎちゃん。

むぎちゃんは私の手を両手で握ると、真剣な眼差しで私を見つめてきます。

15313644090.jpeg

「柊さんでしたっけ?私に任せてください!私も自慢出来るほどではないですけど、料理が得意なので・・・構わないですか??」

20180628094916a88.png

「そ・・・そりゃ、もちろん願ったり叶ったりですけども」

(´・ω・)「良かったね。メイ。むぎちゃんが適応性が高くて」


15313644090.jpeg


「それでは早速二品作っていきます!まず一品目は私をモチーフにした夏に嬉しい!冷たいデザートです!」

一品目【琴吹紬の持ってきたバナナケーキパフェ!~甘くて美味しいですよ~】

20171006231616440.jpg


2017100623153372c.jpg


20180628094916a88.png


「わぁ・・・すっごい美味しそう!!もしかしてこれってアニメでむぎちゃんが持ってきたケーキをモチーフにしたんですか??」

15313644090.jpeg

「ええ、そうです!真ん中に大きな雪見大福を。バナナにはゴディバのチョコソースをふんだんに使用しております!私達放課後ティータイムの名に正にピッタリな一品だと思いませんか??」

15320059480.jpeg

「生クリームも甘くて美味しいよぉ」


15313643690.jpeg

「ほんと雪見大福も冷たくて美味しいですねぇ」

(´^ω^)「確かにこれは美味しいや。真夏の暑い日に食べれば身体が一気に涼しくなりそうな一品だね」


20180628094538bbe.png


「へぇー・・・こうすれば雪見大福が更に美味しく食べられるんですね」

15313644090.jpeg

「ええ、そうですよ。じゃあ、お次は私がつい食べてしまった澪さんのイチゴをモチーフにしたデザートドリンクを作りますね」

二品目【澪さんの私のいちごぉ・・・ミルクドリンク!】

20171003190716c05.jpg



15313643910.jpeg



15313643690.jpeg


「はうー・・・罪の味がする!」


15320059480.jpeg

「ほんと最後に残していたイチゴってなんでこんなに美味しく感じるんだろうねぇー」

15313644090.jpeg


「私がつい食べてしまった澪さんのイチゴをイメージしたあま~いミルクドリンクです!中身は煉乳入りのバニラミルクでホイップクリームとチェリーとイチゴソースをトッピングしていますよ!添えられたクッキーもよろしければどうぞ!サクサクして美味しいです♪」

20180628094916a88.png

「私牛乳ってあんまり好きじゃなかったんですけど、これなら私でも飲めそう!煉乳を入れたらこんなに風味豊かになるんですねー・・・」

(´^ω^)「うんうん。これは僕も好きな味だよ。添えられてあるクッキーもサクサクでピッタリだね」

15313644090.jpeg

「満足してくれたなら良かったです。また何か困ったことがありましたら、いつでも相談してくださいね」


15313643520.jpeg

「うんうん!私も美味しい料理を食べられるし、いつでもカムオンだよ!」

15313643690.jpeg

「先輩はむぎ先輩の料理が食べたいだけでしょう・・・」

それから少しして・・・

(´・ω・)「よーし。けいおんの皆に料理も色々教わったし、そろそろ帰ろっか。メイ」


15313643520.jpeg

「えー、もう帰るの?せっかく大富豪が盛り上がってきたのに・・・」

20180620174913756.png

「えー、まだまだ遊ぼーよー」

(´・ω・)「そろそろゲートが閉じそうだからね。僕ももう少しこの世界に居たいけど、ゲートが閉じたら帰れなくなっちゃうから」


2018062817020916f.png

「むー・・・それなら仕方ないなぁ」

(´・ω・)「よしよし。それじゃあ、帰るよ。メイ。今日は皆ありがとう。わざわざメイの為に料理を教えてもらって」

15313643690.jpeg

「いえいえ、こちらも楽しかったですよ。またいつでも来てくださいね」

15313643520.jpeg

「いつでも待ってるよー!調理実習頑張ってね!メイちゃん!」

15313644090.jpeg

「私も陰ながら応援していますから」

20180628094916a88.png

「皆ありがとうございます・・・私、頑張って調理実習合格しますからね!」

(`・ω・)「よーし!それじゃあ早速次の世界へ行くよ!メイ!」

20180620174707527.png

「うん!最初はどうなるかと不安だったけど、こうして皆に料理を教えてもらえれば私も料理が上手くなりそう!よーし、次の世界でも・・・頑張るぞー!!」

\シュウゥゥゥゥゥンッ・・・!/

けいおんの世界の皆はアニメ通りの優しいキャラでした。

今までアイスや牛乳はただ普通に食べるだけだったけど、こうして色んなアレンジをすればもっと美味しく食べられるんだなぁ。


次の世界では一体どんなアニメキャラと出会えるんだろう。

またいつか料理がもっと上手くなったら、けいおんの皆とまた一緒に料理を作ってみたいなぁ。

~next・stage~

15313644450.jpeg

(今回私の出番・・・一つも無かったなぁ)

15313644620.jpeg


コメント

コメントの投稿

非公開コメント